月別アーカイブ: 2014年2月

思ってたより安くて手軽な印象でした

毎年、春や夏になると肌の露出が増えて女性としてはお手入れが増えます。
私は普段電車で通勤していますが、特に夏になると吊革を持つとワキが見えるのでワキの処理には気をつけています。

長年、カミソリや毛抜きで自己処理をしてきました。
でも毛抜きを使うと生えてくるペースは少し遅くなるものの、埋もれ毛ができたり、毛穴が赤くなったり、また痛みも伴います。

最近では沢山脱毛サロンもあって、ワキ脱毛だと、とても安価に施術できるところが増えてきました。
友人の紹介で初めて脱毛サロンの扉をたたきました。
両ワキ3600円で1年契約だったのでお手軽だと感じ、即決しました。

サロンに行くと個室に案内され、着替え後に簡単にワキをシェービングします。
冷たいジェルを両ワキに塗布したら、レーザーを照射していきます。
このレーザーは毛の黒い部分に反応するそうですが、私の場合はもともとそれほど毛が濃くないこともあってか、レーザーをあてても全然痛みはありませんでした。

レーザー照射が終わるとジェルを取り除いて、冷たいおしぼりでワキを鎮静させます。
その後は保湿ローションを塗って施術は終了でした。

トータルで20分位しかかからず、通うのも毛の生えるサイクルに合わせて2カ月に1回程度なので
通えるのかなという心配もありません。
施術してワキがとてもきれいになっていってるのでとても満足しています。

光脱毛って永久脱毛?の誤解を解く

よくみんなが勘違いしていることの代表格が「永久脱毛」について。

端的に言うと、光脱毛は永久脱毛ではありません。
細かく言うと「不再生脱毛」という種類になります。

ここまでは知っている人も多いかもしれませんが、
レーザー脱毛なら永久脱毛!って思っている人も多いんです。

コレって大きな間違いですから、気をつけて!

永久脱毛の定義を知らないと何が永久で何が違うのかが分りませんよね。

美容大国アメリカで、永久脱毛についてきちんと定義されているんです。
そこまで気になる人は、ちょっと調べてみて下さい(笑)

ちなみに、その定義によると永久脱毛として効果が認められているのは針を使ったニードル(電気)脱毛のみです。
つまりよく勘違いしている「レーザー=永久」ってのは大きな間違いです。

ただし細かい定義なんか無視して、脱毛してからある程度の期間が経っても、ムダ毛が生えてこなければ感覚的には永久脱毛ですよね?

脱毛したのに1年経ったらムダ毛が生えてきた!なんて事じゃ意味ないですし。
脱毛したから綺麗になったな-って感覚が、個人的には最も大事ですよね。

であるならば、レーザーも光脱毛も永久脱毛に分類されるといっても間違いではありません。
それぐらい今の脱毛機は進化していますので、安心しちゃって大丈夫です。

ただ、光脱毛の場合はレーザーに比べると部位によっては即効性に欠けるので、直ぐに綺麗にしたい!って人はレーザーのがいいかもしれません。
でもレーザーは高額で痛みも光脱毛に比べると高いので、そこは自己判断で決めてください。

また毛の太さや濃さによって、光とレーザーとで脱毛効果に違いもあるので、そこら辺も加味してどちらを選択するのかは考える必要があります。

見えない場所ほどキレイに!が女子力アップの秘訣

薄着になってくる夏。
体のほとんどが露出してるんじゃないか、と思うような人、本当に多いです(笑)
今って肩出しなんて当たり前ですからね。
昔じゃ考えられませんでした。

その分、脱毛にお金をかける人が増えたと思います。
今は脱毛なんて比較的若いころからみんなやってますよね。
大学生なんて半分以上の子がやってるんじゃないか?って時代ですから。

しかも今はワキとか足、腕なんて、学生のバイト代ぐらいでも十分に出来るほど安くなっていますし。
お店によっては「ワンコイン」と、うたっているところもありまからね。

ところで、みんなワキとか足、手などを優先して脱毛すると思いますが、もっと目を向けて欲しい場所があります!
それは、「うなじ」です。

自分のうなじ、今まで意識したことありますか?
実は意外と見られている場所なんです。
特に男性からは。

夏場のアップスタイル。
浴衣やノースリーブを着た時の後ろ姿…
とっても綺麗なのに後ろがもじゃもじゃ・・・

なんて勿体ない!!!
何で前から見える部分はキレイにするのに、後ろ姿は手を抜くのか・・・
見えない場所だからこそ、手を抜かずにプロに任せてみるのが得策だと思います♪

しかも、意外に年中見える場所なんですよ~!
と声を大にして言いたい!

結構いるんです。
とってもきれいなのにうなじに毛が生えている人。
毎朝のエレベーターで伝えてあげたい人が何人いる事か。
見えない場所のお手入れほど、女子度UPするんです♪

うなじフェチの男性も多いんですから、後姿にも気を配りましょうね。
それがモテル女の努力です!